M字ハゲが改善する育毛剤

M字育毛剤で改善!M字ハゲが改善する育毛剤おすすめをご紹介。M字ハゲ・薄毛に対策にオススメ!

男性ホルモンの働きよる影響が原因!
ハゲの種類の中でも多くの人が悩んでいるであろうM字ハゲ。いろいろな原因が囁かれていますが、男性ホルモンの働きよる影響が大半です。いわゆる「AGA」と呼ばれているもので、男性ホルモンの働きによって毛が抜けていくのです。こちらは俗に「遺伝」と呼ばれているものです。M字ハゲを改善すると豪語している育毛剤も多々ありますが、男性ホルモンに対してどれだけアプローチ出来るのかが問われており、毛穴の汚れを綺麗にしてくれたり、血行を促進してくれるだけのものでははっきり言って効果はありません。

M字を改善したいのであれば、AGAの事をよく理解しなければなりません。頭皮の毛穴を綺麗にする事で毛が生えてくると謳っている商品やサービスはとても多いのですが、仮にその理屈が正しいのであれば、髪を洗わなければ髪は抜けていくはずです。髪がゲジゲジではあるものの、決して髪が抜けていないという人はとても多いです。そのため、M字の対策はAGA対策と言い換えても問題ありません。

なぜ男性ホルモンがM字型脱毛の原因になってしまうのか?

M字型脱毛が発生するプロセス このイラストは、男性ホルモンの働きがきっかけで抜け毛が発生するまでのプロセスをイラスト化したものです。

男性ホルモンが毛根部にある「5αリアクターゼ」という酵素と結びつくと、「ジヒドロテストロン」(通称DHT)という活性型の男性ホルモンに変わります。この「DHT」は発毛や髪の成長を阻害する頭皮の皮脂を多く発生させるという性質があり、抜け毛の原因の一つとなります。


M字ハゲがとても厄介!長期間の対策を

M字ハゲ部分を丹念に洗っても、結局は体の中から毛を抜こうと働いている成分がありますので、シャンプーだけで改善するのはとても難しいです。更にはAGAの中でもM字ハゲはもっとも改善が難しいとも言われています。頭頂部のハゲや後退減少よりも、M字ハゲがとても厄介と言われています。
なぜなら、M字ハゲの部分のみにピンポイントで効果をもたらすのがなかなか簡単ではないのです。後退減少にせよ頭頂部のハゲにせよ、範囲が広い事もあり、比較的効果が出やすいとされているのですが、M字ハゲに関しては有名クリニックであっても、「特別なプログラムも必要になってくる」と歯切れが悪い所もあります。
M字ハゲを防ぎたい場合、こまめに自分自身の毛髪をチェックし、おでこが広くなっているなと感じたり、M字部分が目立つなと思ってきたらAGA対策に入るべきです。M字ハゲに関しては、ハゲ対策の中でも難易度が高いので、短期間ではなく、長期間の対策が必要だと憶えておきましょう。短期間で結果を出したいとは誰もが思うかもしれませんが、現実的には時間との戦いです。
男性ホルモンの働きを抑えろ!

男性ホルモンが抜け毛の原因ならば、男性ホルモンの分泌を抑えるしかありません!
しかし、男性ホルモンなんてどうやって対策をするのか?

男性ホルモンの働きに対して、有効と言われている「ノコギリヤシ」が今とても注目をされています。注目の理由は治療薬と同じ成分を含んでいるのに副作用がないからです。

抜け毛の主な2つの原因対策まとめは以下の2点!

  • ノコギリヤシの成分を有効活用して、男性ホルモンの働きを抑える。
  • 生活習慣を見直して、頭皮にとって良い環境を作る。

この2点がとても大切です。


「ノコギリヤシ」が含まれている育毛剤がおすすめ!

「ノコギリヤシ」と言われても、「なにそれ?」状態だと思います。

ノコギリヤシは、アメリカ南部に自生している高さ1mほどのヤシ科シュロ属の植物です。
ノコギリヤシはイタリア、ドイツ、フランスなどでは前立腺肥大の治療薬として使われています。同じく前立腺肥大の治療として使われているのが、唯一の男性型脱毛症の治療薬であるフィナステリドを含むプロペシアと同成分であるプロスカーです。

ノコギリヤシもフィナステリドも前立腺肥大に効果があり
抜け毛の最大の原因である「活性型男性ホルモン(DHT)を作り出す5-αリダクターゼを阻害して育毛に効果的です。

ノコギリヤシ成分以外に男性ホルモンの働きを抑える成分はありますが、注目度・口コミ・効果報告などを総合的に判断するとノコギリヤシ成分を含んでいる育毛剤が、もっともM字が改善する育毛剤といえます。
M字ハゲ・薄毛・抜毛の原因AGA(男性型脱毛症)
近年、AGAという言葉を耳にする機会も増えているのではないでしょうか。特にハゲに何かしらの注意がある人にとって、AGAという言葉は大変興味があるかと思います。AGAとは、「男性型脱毛症」です。それまで、ハゲの原因は遺伝や頭皮の腐生性によるものだとされていました。ですが、この「遺伝」に関してのメカニズムが解明され、「AGA」と呼ばれるようになりました。AGAの場合、どれだけ頭皮環境を整えても毛は抜けます。毛穴の清潔を保ち、頭皮の血行を意識する。これにより、ハゲを改善出来ると考えている人もいるかもしれませんが、残念ながらAGAの場合、頭髪環境はほとんど関係ありません。

AGAの場合、男性ホルモンの酵素の一種「5αリダクターゼ」がが活発になり、毛を抜く働きをします。ちなみにこちらは女性ホルモンによって抑制されるのですが、年齢などによって女性ホルモンが減少すると、ブレーキ役がなくなりますので、5αリダクターゼを抑えるものがなくなり、結果、抜け毛が進行していくのです。頭頂部、M字部分、後退減少。これらすべてに於いて、AGAの疑いがあります。自分自身がAGAなのかどうかは、クリニック等での血液検査によって分かりますが、ヒゲや胸毛、へそ毛。これらの毛が濃い人は、AGAの可能性が高いです。

かつて都市伝説として囁かれていた、「ヒゲや胸毛が濃いとハゲやすい」というのは、強ち間違いではない事だと気付かされるのです。どれだけ毛穴を綺麗にしたり、血行促進を意識しても、体の中から毛を抜こうとする成分が出ている以上、それらは「付け焼刃」にしかなりません。AGAの治療は、まずは先に挙げた5αリダクターゼ。こちらを抑えなければなりません。こちらの酵素が毛を抜こうとしますので、育毛剤をどれだけ使って発毛させたとしても、抜けていくので意味がありません。

5αリダクターゼを抑えるためには、プロペシアがあります。プロペシアや、プロペシアのジェネリックのフィナステリドなど、対応する成分も登場しています。都市伝説や噂に惑わされず、AGAだと感じたら適切に処理する事が求められます。特に近年では3人に1人がAGAだとも言われているほど。程度の違いはあれど、AGAの場合、頭皮環境云々ではなく、5αリダクターゼの活動を押さえなければなりません。5αリダクターゼの働きを抑えれば、毛を抜こうとする成分を抑えますので、育毛剤等の効果も見られるようになります。

男性ホルモンの影響がとても強い!
なぜハゲるのかといえば、男性ホルモンの影響がとても強いです。男性ホルモンとは、「男性らしくあろうとする成分」です。

女性ホルモンが「女性らしくあろうとする成分」で、女性ホルモンの影響により、乳房も大きくなりますし、体も丸みを帯びるようになります。逆に男性ホルモンは無骨さや、毛を濃くし、いわゆる「男らしさ」と呼ばれる部分を演出してくれます。ですが、ハゲに関しては少々厄介です。ヒゲなど、いわゆる「ムダ毛」と呼ばれている毛は男性ホルモンの影響によって生えてくるのですが、髪の毛に関しては男性ホルモンは抜こうとするのです。頭頂部だけハゲているという男性、比較的よく見かけるかと思いますが、あれこそ男性ホルモンの影響なのです。

頭部を細かく見てみると、頭頂部に関しては女性ホルモン、側頭部に関しては男性ホルモンの影響が強いと言われています。側頭部のみやたら癖毛だったり縮れ毛だったりするのは男性ホルモンの影響です。また、頭頂部に関しては、男性ホルモンが抜こうとするのですが、女性ホルモンが抜け毛を防いでくれいます。ですが、年齢と共に女性ホルモンが減少し、働きが弱くなってくると頭頂部の毛が抜けるのを防ぐ成分が少ないため、抜け毛が目立つようになっていくのです。男性ホルモンにせよ女性ホルモンにせよ、難しい問題とされているのは、自分の目で確認する事が出来ない点です。

切り傷等、体の外に出るものであれば自分の目ですぐに確認出来ます。ですが、ホルモンは目に見えるものではありません。ホルモンの働きによって頭髪への異変を感じるようになって初めて「もしかしたら男性ホルモンに何かが…」と感じるのです。男性ホルモンは男性であれば誰にでもあります。いわゆる「体質」「遺伝」と表されるものですが、男性ホルモンだけではなく、女性ホルモンの働きもハゲなど、体毛に関係しています。

例えばですが、男性ホルモンがとても多いとしても、それなりに女性ホルモンも働いてくれていれば抜け毛は防げます。男性ホルモンも少なく、女性ホルモンも少ないのであれば、全身の体毛そのものが薄くなります。加齢と共に、どちらからのホルモンが減少してくると、バランスが崩れ頭皮にも影響が出るようになりますので、頭髪に異常を感じた時、男性ホルモンが活発になっているというよりも、それまで抑えてくれていた女性ホルモンが減少しつつあるからだと考える事も出来ます。